手汗の解決策!ぐっしょり汗にサヨナラ.com

 

 

大学2年生の汗男と言います!

 

このサイトでは、手汗で悩む方のために、手汗の解決策を紹介したいと思ってます。

 

僕自身も1年ほど前まで手汗が酷いコンプレックスになっていて、

 

手汗のせいで人生が狂わされた!と感じるような体験も沢山してきました。

 

 

 

でも今ではすっかり手汗の量が改善し、僕の手汗コンプレックスは消滅しています!

 

どのような方法でコンプレックスが無くなったのか、僕の体験を元に紹介していきますので、

 

是非最後まで読んでみてくださいね。

 

手汗のせいで青春が台無しに…

 

 

 

手汗の解決策をご紹介する前に、まず僕の悲しい体験をちょっと聞いてください。

 

 

 

僕が自分の手汗が他の人より凄いことに気づいたのは小学生の頃でした。

 

テストの時に、紙がべちょべちょになって思うように字が書けない…。

 

間違えたところが消しゴムで消せない…。

 

シワシワになったテストを見て、「他の人は大丈夫なのかな?」と見回してみると、

 

他の人のテストはめっちゃ綺麗で驚いたのがきっかけです。

 

(有り得ないと感じる方もいるかもしれませんが、本当に手汗が酷いとここまでなります。)

 

 

 

これに気づいてからというもの、テストの点数よりテストの汚さが恥ずかしくて

 

他の人にテストを見せられなくなりました。

 

だって、汚くてビリビリなテストですよ?

 

不潔でだらしない人だと思われそうじゃないですか。

 

 

 

他にも手汗を気にする場面は山のようにありました。

 

  • 電車のつり革に掴まれない(手汗で汚れるのが申し訳なくて…)
  • スマホやゲーム機が壊れないか心配になる(水没しそうw)
  • カラオケで歌った後静かにこっそり汗を拭きとらなければならない
  • 体育が地獄(2人1組になるストレッチとか…)

 

 

こんな風に手汗を気にしていると、一時も気が休まらず、

 

僕はなるべく人と接しないように避けるようになってしまいました。

 

気にし過ぎだと思う人もいるかもしれませんが、手汗が凄い人間からすると、

 

本当に人の目が気になって気になって仕方ないんです。

 

 

 

 

 

けれどもそんな僕も男です。

 

人付き合いを避けるようにはなったというものの、異性には興味深々だったので、

 

中学生の時、初めて同級生の同じクラスだった彼女に告白し、見事OKを貰えたんです。

 

 

 

当然、僕は毎日浮かれ気分。

 

まさに人生最高の瞬間を迎えた時でした。

 

 

 

しかし、これが僕の人生で最大の悲劇の始まりだったんです…。

 

 

 

 

 

付き合い始めてから1週間経ったころにその事件は起こりました。

 

僕は彼女との帰り道に手を繋ぐチャレンジに出たのです。

 

当然、手汗の心配はしていましたが(告白を受け入れてくれた彼女なら大丈夫!)

 

と勝手に思ってたんですね。

 

 

 

しかし手を握った瞬間、それが甘い考えだったことが分かりました。

 

彼女の顔が明らかに引きつったのです。

 

そして一言、

 

 

 

「手汗凄いね・・・」

 

 

 

とボソッとつぶやかれました。

 

(ヤバイヤバイヤバイ! どうしよう!? すぐ手を離すか?

 

いや、もう遅いよ! 何とか言い訳しなきゃ…!)

 

 

 

元々気にしている手汗を、初めて付き合った彼女に指摘されてパニックになった僕は、

 

 

 

「えっ、〇〇ちゃんは汗かかないの?かくでしょう?」

 

 

 

と、なぜか相手の揚げ足をとるようなことを、引きつった笑顔で返答。

 

気まずい空気の中、お互い一言も発することなく歩き続けました。

 

 

 

(うわー、何であんなこと言ったんだろう…、素直にごめん!とか言えば良かったのに…。)

 

 

 

彼女への申し訳なさと、彼女に手汗を指摘されたショックがごちゃまぜで

 

何も発することが出来ず、ただただ落ち込むだけの僕。

 

沈黙のまま分かれ道にさしかかると、彼女は僕の手をそっと離し、

 

「バイバイ」

 

とだけ言って去っていきました。

 

 

 

 

 

(うわ〜、なんだこれ…、意味わかんねぇ…)

 

 

 

 

 

もう、胸が締め付けられるような苦しさが襲い、吐き気がするような目まいが起きました。

 

 

 

今考えてみると、自分の思い込みが強かっただけかもしれません。

 

別に彼女は手汗が凄いことを指摘しただけで、僕自体を気持ち悪いとか言ったのではないのですから…。

 

 

 

しかし、当時の僕は「彼女に気持ち悪がられた」という思いにとらわれ、

 

手汗のコンプレックスはより強いものとなってしまいました。

 

彼女とはこの事件をきっかけに自然消滅。

 

これ以降、僕はますます自分の殻に閉じこもり、中学校を卒業し高校に行ってからも、

 

女性とお付き合いなど考えられないような暗い男になってしまったのです。

 

 

 

 

 

僕はこんな体質に生まれたことを恨みました。

 

「何故僕だけこんなに汗で苦労しなきゃいけないんだろう…」

 

しかし、そんなことを相談したところで理解してもらえない!と思っていた僕は、

 

親や友人にも相談することすら出来なかったんです。

 

 

 

 

 

 

大きなコンプレックスを抱えての暗い高校3年間は本当に地獄でした。

 

なぜか、どんなことにも自信が持てず、自分を好きになれなかったんです。

 

(自分の勝手な思い込みが強かったんですが・・・)

 

 

 

ですが、大学への進学が決まった時、僕はある一大決心をします。

 

 

 

「大学生活は絶対に楽しく過ごしてやる!だから、絶対に手汗を治して彼女を作るんだ!」

 

 

 

「えっ?今更?」

 

 

 

多分、多くの人はそう思うと思いますが、ネガティブな感情に摂り憑かれていた僕は

 

そもそも手汗を治そうって発想がなかったんです(馬鹿ですよねw)。

 

でも大学という新しい環境に行くことが決まって、

 

ようやく僕でも前向きな気持ちが沸いてきたんです。

 

 

 

 

僕は大学受験が終わるとすぐ、手汗について猛勉強を始めました。

 

そこで初めて手汗が人よりも多い原因やその対策法を知ることになったのです。

 

当サイトは同じような手汗の悩みで苦しむ人に、

 

その時勉強した内容を知ってもらおうと立ち上げました。

 

 

 

最初に言っておきますが、手汗は抑えることができます!

 

 

 

皆さんも手汗を抑えて、余計な気を遣わない生活を始めましょう!

手汗が出る原因とは?

 

まずは手汗が大量に出るのは何故か?についてお話しますね。

 

原因は人によって様々で、また原因が複数組み合わさっている場合もあります。

 

手の汗だけが異常に出る病気

 

 

 

まず1つ目の原因として挙げられるのが、「手掌多汗症(しゅしょうたかんしょう)」

 

という病気です。

 

この病気は手の汗だけ異常に出るという病気ですね。

 

リラックスしていようが、寒い時だろうがお構いなしに汗が出てきて、

 

しかも滴るほど多いこともあるのがこの病気の特徴です。

 

 

 

手汗は交感神経と副交感神経という2つの神経で操作しています。

 

交感神経が活発な時に手汗が出やすく、副交感神経が活発になると手汗を止めるんですね。

 

手掌多汗症の人はどうやら交感神経の反応が良すぎるために、手汗が止まらなくなるようです。

 

 

 

この病気の人は、小さい頃から自覚症状がある人が多いらしいですよ。

 

僕の場合も小さい頃から自覚症状があり、手汗だけが異常に出るので原因はこれですね。

 

精神的な要因

 

 

 

手汗ってどんな時に多く出ますか?

 

僕の場合は普段から湿っているんですが(笑)、それでも緊張するような場面なんかでは

 

益々溢れてきます。

 

そう、皆さんもご存じだと思いますが、手汗と精神状態は密接な関係にあるんですね。

 

ストレスがあったり、緊張や不安な場面では誰でも手汗は多くなります。

 

これは精神的な興奮によって交感神経が活発になるからです。

 

 

 

これらが原因だった場合、普通は精神状態が戻れば、

 

手汗も元通りになるものなんですが、一つ大きな罠があります。

 

それは「手汗」自体をストレスや不安に感じてしまうことがある、ということです。

 

 

 

例えば、緊張してテストの時に手汗が出た

 

→ 手汗を気にしすぎてストレスがたまる

 

→ 「次のテストでも手汗出るんじゃないか」と不安になる

 

→ 次のテストでは最初の時より手汗が酷くなる

 

というような悪循環に陥る場合があるんです。

 

 

 

これが進行すると、四六時中手汗が不安になって、

 

結果的に手汗が出続けるという事態になることがあります。

 

 

 

身体的な病気・体調不良など

 

手汗は精神的なものと思いがちですが、

 

身体的な病気などでも引き起こされる可能性もあります。

 

 

ホルモンバランスの乱れ

 

 

 

僕なんかはあまり関係ないですが、女性で手汗がすごい人は

 

月経や妊娠・更年期障害が原因となっている可能性もあるようですね。

 

 

 

実はホルモンバランスと交感神経を操作する脳の部位は同じところにある

 

ため、交感神経はホルモンバランスが乱れると、とばっちりを受ける形で

 

一緒に乱れてしまうのです。

 

 

 

この手汗はホルモンバランスが正常に戻れば普通は止まりますが、

 

この時に手汗を異常に気にするなどすると、

 

今度は精神的な原因にすり変わって手汗が出続けることになります…。

 

 

 

身体的な病気

 

 

 

以下のような病気が原因となっている場合もあります。

 

  • 甲状腺機能亢進症(バセドー病)
  • 糖尿病
  • 結核
  • 白血病
  • 褐色細胞腫

 

これはほんの一部で、汗をかきやすく病気は他にもたくさんあります。

 

ちょっと怖い病気が並んでいますが、これらの病気は手汗だけでなく、

 

全身の汗が多くなるらしいので、手汗だけが気になる人には当てはまりません。

 

もし手だけでなく全身の汗が急に増えたという人は、病院を早めに受診するなど

 

した方がいいかもしれませんね。

 

生活習慣や体質によるもの

 

辛いもの・熱いもの好き

 

 

 

熱い物・辛い物を汗だくで食べるのが好きな人いますよね?

 

そういった刺激物は新陳代謝を活発にし、汗が出やすい体質にします。

 

汗が出ること自体は悪いことではないですし、たまに食べるのは問題ないですが、

 

食べすぎると普段でも汗をかく量が多くなる場合があるんですね。

 

ただご存じの通り、刺激物は手だけでなく、顔などにも汗をかきます。

 

手だけが汗だくになるようであれば、他のことが原因か、別の要因との組み合わせで

 

手汗として現れているのかもしれませんね。

 

 

 

運動不足

 

 

 

運動をしなくなると汗がでる部分(汗腺)が衰え、一部の汗腺が機能しなくなります。

 

そうすると、まだ使える汗腺の負担が大きくなり、汗の調整が下手くそになってしまうんだそうです。

 

手汗が多い人の場合、身体の他の部分の汗腺が衰えていて、

 

手の汗腺に汗が集中してしまっている可能性もあります。

 

 

 

肥満

 

 

 

太っている人は汗っかきなイメージがありますよね。

 

これは脂肪や内臓脂肪が邪魔で、体内の熱を逃しにくいためだそうです。

 

肥満だけが原因なら全身の汗が多くなりますが、運動不足など他の原因との

 

合わせ技によって手汗に集中してしまうことも考えられますね。

 

 

 

 

 

手汗の原因はかなり色々あることが分かったと思います。

 

まずはあなたがどの原因で手汗が出るようになったのかを考えてみましょう。

 

手汗の解決法は?

 

続いてはいよいよ手汗を抑える解決法です。

 

手汗を抑える方法は、手術で一気に汗を止めるか、精神・身体的な習慣づくりをしていくか

 

どちらかとなります。

 

手術を受ける

 

 

 

手掌多汗症などで手汗が酷く、日常生活に支障が出るレベルの場合、

 

病院で治療するという手があります。

 

皮膚科の病院の場合、ETS手術という脇に穴を開けて交感神経の働きを止める手術を行っており、

 

この方法であれば唯一手汗を出なくすることが可能です。

 

ネットで検索すると、日帰り手術を行っている病院が多数ヒットしますね。

 

 

 

ETS手術には交感神経を完全に取ってしまう方法や交感神経を遮断する

 

方法、どの交感神経を取るかなど違いがありますが、基本的に手汗はピタッと止まるようです。

 

 

 

ただこの手術、ちょっと怖い部分もあります。

 

それは「代償性発汗」という副作用。

 

手の汗腺から出る汗が無くなった分、他の部位から大量に汗が出るってことが

 

かなりの高確率で起こるそうなんです。

 

 

 

変わりに汗が出る部位は胸や足など人によって変わりますが、

 

「手汗か、別の部分の汗か選べ」

 

って言われてもちょっと困っちゃいますよね。

 

足から大量の汗なんかだと、手よりも臭いそうな気がするし…。

 

しかも、確率は低いものの、手汗も復活する場合があるんだそうです。

 

 

 

病院で治療する場合も、手術以外の方法で汗を完全にシャットアウトする方法はありません。

 

ただ、その手術もちょっと怖い…。

 

 

 

僕は手術した人のレビューを見て、手術を受けるのは断念しました。

 

だって、「手術した後に後悔しても遅いですよ」みたいな、かなり怖いレビューが並んでるんですもん。

 

「手汗さえ何とかなれば後はどうでもいい」という方以外にはオススメしません。

 

 

 

緊張やストレスを和らげる

 

 

 

手掌多汗症の方など、元々身体的・体質的な問題で手汗が出始めた人であっても、

 

ストレス・緊張・不安などの要素で余計に悪化することが多いようです。

 

ですから、手汗対策に精神的なケアは必要不可欠!

 

 

 

精神的なリラックス状態をなるべく継続できるように日頃から心がけてみましょう。

 

リラックスする方法は色々ありますが、手汗で悩む人が多く実践しているのが

 

「自律訓練法」というリラックス法です。

 

これは自分で自分に「リラックスしろ」と暗示をかける催眠療法の一種。

 

 

 

詳しいやり方はWikipediaにも載っているので、そちらを参考にしてみてください。

 

自律訓練法 - Wikipedia

 

お金もかからないし、自分1人でできますが、この方法をマスターするまでに時間がかかる

 

のがちょっと難点ですね。

 

 

 

自分1人ではどうにもストレスや緊張を和らげることができない場合は、心理カウンセリングを

 

受けてみるのも一つの手だと思います。

 

 

 

体質改善

 

 

 

上で紹介した「生活習慣や体質によるもの」に心当たりがある人は、

 

まずはそれぞれに対応した生活習慣を見直すことが大事です。

 

  • 辛い物を食べすぎている人は辛い物を食べる頻度を減らす
  • 運動不足の人は運動を生活に取り入れる
  • 肥満の人はダイエットをする

 

これらが手汗の要因になっているとしたら、それだけで手汗は改善される可能性もあります。

 

 

 

また、不規則な生活や睡眠不足がストレスに繋がることもあるので、

 

  • 偏らない食事
  • 規則正しい生活
  • 適度泣運動

 

これら健康維持のための基本は、手汗対策でも大事なことになりますよ。

 

 

 

 

手汗を気にしない

 

 

 

実は僕が一番大事なことかもしれないと思っているのがこれ。

 

 

 

手汗を気にしないこと!

 

 

 

手汗が気になり、色んなところで気を遣ったり、不安になったりするから

 

余計に手汗が酷くなってしまうのです。

 

 

 

でも、このサイトに来た人は手汗が気になるから来られている訳で…。

 

「気にするな」って言われただけで気にならなくなるのなら、ここまで悩みませんよね。

 

 

 

では、手汗が気になるのはどうしてでしょうか?

 

はい、手がべちょべちょだから、ですね。

 

誰だって手が汗でべちょべちょになっていたら、気になるに決まってます。

 

 

 

では手が濡れていなかったらどうでしょう?

 

手汗がある時ほど気にならないのではないでしょうか?

 

ですから重要なのは「一時的にでも手汗を抑えておく」ことなんです!

 

 

 

「手汗を抑えておく?そんなことできるの?」

 

そう思う人もいると思います。

 

 

 

実は…手汗専用の制汗剤を使えばできちゃうんですね〜!

 

 

 

これを利用して、まずは手汗を気にしない生活を始めてみましょう。

 

おすすめの手汗対策商品はこの↓で紹介しますね。

 

 

 

 

 

僕はここで紹介した対策のうち、手術以外の3点を並行して行うことをおすすめします。

 

リラックス方法と生活改善で長期的に手汗改善を目指し、手汗が酷くならないように

 

手汗対策商品で日々のケアをする、という作戦ですね。

 

 

 

僕自身も同じやり方を実践し、半年ほど経つとほとんど手汗を気にすることなく生活できるように

 

なっていきました。

 

当然何もしなければ手汗が出ることはあるのですが、ちょっと心に余裕を持つことができるようになり、

 

「手汗があっても大丈夫!」と思えるようになったんです。

手汗を抑える手汗対策商品とは?

 

 

 

さて、ここからは上で触れた手汗対策グッズを紹介します。

 

これは手汗に特化した制汗剤のことで、一般のドラッグストアなどでは

 

販売していません。

 

 

 

あ、ちなみに売ってないからといって「エイトフォーみたいなやつ使っても効果ないですからね。

 

エイトフォーのような脇用制汗剤は「アポクリン汗腺」から出る汗を抑える

 

目的で作られていますが、手から出る汗は「エクリン腺」というところから出ています。

 

そのため、残念ながら手汗専用の制汗剤でないと効果がないのです。

 

 

 

ネットにはいくつか手汗専用の制汗剤が売っていますが、

 

 

僕がおすすめするのは「テサラン」という商品です。

 



 

この手汗専用制汗剤、他の商品にはない利点がいっぱいあるんですよ!

 

 

朝1回塗るだけ

 

他の制汗剤が汗が出た時に塗るのに対し、テサランは朝1回塗れば終了!

 

手汗の制汗剤は手の汗が無くなることも重要ですが、それと同時に

 

「手汗をなるべく気にしないようにする」ってことも重要です。

 

汗が出るたびに使わなければいけない商品の場合、

 

どうしても1日のうちに何度かドキッとすることがあるんですよね。

 

その点、テサランは朝の数分手汗対策をするだけで、それ以後1日中手汗を気にする必要がないんです!

 

これってすごいことだと思いませんか?

 

 

 

体臭予防や保湿もしてくれる

 

手汗ってビチャビチャになることも気になりますが、臭いも若干気になりませんか?

 

実は手汗自体は無臭なんですが、菌とくっつくことで臭いの元になることがあります。

 

テサランはその点も考慮してあり、天然成分で殺菌・消臭効果もプラスされているんです。

 

更に女性に嬉しい保湿成分まで入っているので、手の荒れなどに悩んでいる人も

 

安心して使えます。

 

 

 

めちゃめちゃ売れている

 

これはちょっとミーハーな理由ですが、ヤフー、アマゾン、楽天という大手ネットショップで

 

軒並み1位を獲得するほどの人気商品です。

 

そして、手汗に悩む人達の評価がすごく高い!

 

  • 他の手汗用制汗剤を使って効果が無かった人が、テサランを使ってしっかり汗を止められた
  • 他の商品で手が荒れてしまった人も手荒れが無くなった

 

というような、他の商品と比較しても良い商品と分かるレビューもありました。

 

これは良い制汗剤の証拠と言えるでしょう。

 

 

 

他の商品よりもかなり安い

 

最後のポイントは値段ですね。

 

手汗の制汗剤って商品自体が少ないせいか、結構高いんですよね。

 

中には1カ月分で5,000円以上するものもあります。

 

その点テサランは一番高い単品購入でも3カ月分で3,980円です。

 

1カ月分にすると、大体1,330円くらいですね。

 

これでも他の商品と比べても1.2を争うほどの安さなんですが、定期購入すると更に安くなりますよ!

 

 

 

 

 

ここまで書いてきたように手汗制汗剤を買うのであれば、テサラン1択かな…という感じです。

 

 

 

 

 

実際に使ってみると分かりますが、めちゃめちゃいいですからね!

 

 

 

 

 

何より、朝塗るだけってところが良い!

 

実際に僕は朝塗るだけで、後は何もせずにいますが、1日手汗を気にすることなく過ごせています。

 

また、何か困るような副作用もありません。

 

 

 

これまでの悩みが嘘だったかのように快適な一日が過ごせていますよ。

 

 

 

また、手汗対策をしようと思い立った時は若干「本当に良くなるんだろうか?」という心配がありましたが、

 

テサランで手汗が抑えられたことで、他の手汗対策も続けられる自信にも繋がりました。

 

これがなければ手汗を気にして、いつまでも経っても改善しなかったかもしません…。

 

 

 

 

 

あなたも手汗対策の第1歩として、テサランを是非試してみてください!

 

 

 

 

手汗コンプレックスにサヨナラしよう!

 

 

 

ここまで読んでいただきありがとうございました。

 

手汗は手術以外で完治させることはできません。

 

しかし、手汗を抑えることはできますし、それによって手汗コンプレックスを

 

無くすことは可能です。

 

 

 

もしあなたが、手汗のせいで人に気を遣いすぎたり、生活に支障が出ているのであれば、

 

当サイトで書いたことを今すぐにでも実践してもらいたいです。

 

そして、

 

  • 異性と気軽に手を繋げる
  • 汗を気にせずテストに集中できる
  • スマホやゲームを気にせず使える
  • 人に気を遣いすぎる必要がない

 

こんな生活を手に入れましょう。

 

僕にもできたことなので、あなたもきっとできます!